ハンザワブログ

元銀行員が資産運用・転職・仮想通貨・ダイエット・商品レビュー・時事ネタ等について語ります

インターンシップで就職活動を有利に!ブラック企業も見抜ける!?

f:id:hanzaw:20170718205813j:plain

こんにちは!ハンザワです。
大学生はもうすぐ夏休みですね。大学生の夏休みって、自由なうえに期間が長くて良いですよね。ハンザワもできることなら、もう一度くらい体験したいです。しかし、大学3年生・3回生のみなさん。浮かれてばかりではいけません。就職活動を有利に進めるためにも、今すぐインターンシップに申し込み・参加すべきです。

インターンシップに参加する学生は増えている

「キャリタス就活」を運営するディスコの調査によると、インターンシップに参加する学生は年々増えているようです。以下は記事からの抜粋です。

2018年卒業予定の学生モニターのうち「インターンシップのプログラムに参加したことがある」と答えた学生は全体の81.3%(「キャリタス就活2018 学生モニター調査結果」2017年1月調査)で、実に8割以上がインターンシップに参加したことがあるという結果となった。

また同社の「インターンシップに関する調査」(2016年4月発行)では、2013年卒~2017年卒予定の学生モニターにインターンシップ参加経験の有無を調査している(各年とも3年生11月)。それによると、2013年卒予定のインターンシップ参加経験者は44.2%だったが、2014年卒では52.5%、2015年卒が56.9%、2016年卒が68.6%、2017年卒が74.6%となり、年々増えていることが分かる。

【引用元】

インターンと内定に関係はあるのか? インターン人気と企業側の事情 | ZUU online

なんと驚いたことに2018年卒業予定の学生のうち、8割以上がインターンシップに参加しているとのこと。5年前である2013年卒の数字と比べると倍近いインターンシップを導入する会社が増えたことが影響しているだろう。採用活動解禁日まで、まだまだ時間があるからと言って、油断してはいけない。就職活動の勝負は既にインターンシップから始まっているのである。

インターンシップ参加の就職活動へのメリット

ハンザワも学生時代はインターンシップに何度か参加しました。また社会人になってからはインターンシップを運営したこともあります。ハンザワは自身の経験から、インターンシップに行くことは就職活動において十分に価値があると考えている。その理由は大きく以下の3つです。

理由① 会社は採用活動の一環としてインターンシップを行っている

インターンシップを行う時期は、採用活動解禁前であるため、会社はおおやけには「選考」していない。しかし、優秀な学生の「目星」はつけていることが多い。少なくともインターンシップに来ている学生の「記録」は取っているだろう。会社もボランティアでインターンシップを行っているわけではない。あくまで、採用活動の一環としてインターンシップを行っているのです。

理由② 社会人と話せる

インターンシップは学生にとって、社会人と話せる貴重な機会です。社会人とたくさん会話し、社会人との会話になれましょう。最低限の敬語さえ気をつければ問題ありません。社会人との会話は誰でも最初は緊張するものですが、インターンシップで慣れてしまいましょう。くれぐれも採用面接が社会人としっかり会話する初めての機会とならないように。

理由③ 会社を肌で感じることができる

会社説明会や面接では会社の表面的な情報はわかっても、雰囲気はわかりにくいものです。インターンシップは直接会社に出向く場合が多いと思いますが、その際に会社の雰囲気を肌で精一杯感じるようにしましょう。

ブラック企業を見抜けるかも!?

f:id:hanzaw:20170718223559j:plain

また、インターンシップに参加することで、近年話題のブラック企業を見抜けるかも知れません。インターンシップは人事や面接官以外の社員に質問できる大チャンスです。「土日は家族サービスが多いのですか?」とか、「この前の有給休暇は何をしましたか?」とか質問してみたり、もしくは残業時間をずばり質問しても良いと思います。口ごもることやボヤかした表現をされた時は黄色信号かも知れません。(心証が悪くなるかもと思って、なかなか質問できない学生さんもいるかも知れませんが、この程度の質問で心証を悪くする会社はそもそもブラックだとハンザワは思います)

インターンシップは無理でもOB・OG訪問やイベントに参加しよう

希望する会社のインターンシップがない、インターンシップの申し込みが既に終わっていた、インターンシップの日程の都合がつかないといった人は、最低限OB・OG訪問やイベントに参加して就職活動の遅れを取り戻しましょう。インターンシップでは聞けなかった話も聞けるかも知れません。

最後に

就職活動は長丁場ですが、自分のやりたいことは何なのかを考える良い機会だと思います。苦しいこともたくさんあると思いますが、ぜひ就職活動を後悔しないよう一生懸命やり抜いてください。偉そうなこと言いました。

それでは!