ハンザワブログ

元銀行員の資産運用や節約術等との付き合い方

バスタオルは毎日洗わなくても大丈夫!理由を教えます

f:id:hanzaw:20170724222719j:plain

こんにちは!ハンザワです。
本日はバスタオルについての記事です。みなさんはバスタオルをどのくらいの頻度で洗っていますか?バスタオルを洗わなければならない頻度に答えを出しましょう。

結論

結論から言います。

「バスタオルは毎日洗わなくても大丈夫。ただし、2~3日に1回は洗う必要あり。」

以下はバスタオルを毎日洗う派vs毎日洗わない派の主張と、バスタオルを毎日洗わなくても良い理由です。

バスタオルを毎日洗う派と毎日洗わない派、どちらが多数派?

色々なメディアでバスタオルの洗う頻度のアンケートが行われていますが、どのアンケート結果でも毎日洗う人が約40~50%、2~3日に一回洗う人が約30~40%、それ以上の人が約10~30%くらいの割合です。バスタオルを毎日洗う派と毎日洗わない派の割合は拮抗していて、どちらが多数派とは言えないでしょう。

「きれいな体をふくので、使用後のバスタオルも清潔。だから洗わない」は間違い

バスタオルを毎日洗わない派の主張で良くあるのが、「お風呂で洗ったきれいな体をふくだけだから、使用後のバスタオルも清潔。だから洗わない」といった主張だ。しかし、この主張は間違っている。「バスタオルは毎日洗わないと雑菌が繁殖する」のである。

バスタオルは使用後に洗わないと、1日で雑菌の量が100倍!?

洗濯後のバスタオルには10万~20万個くらいの細菌がいるが、使用後のバスタオルを洗わずに1日置いておくと、細菌は100倍の1000万~2000万個に増える。3日間使用した場合だと細菌は1億個に増えている場合もあるとか…。きれいな体をふいているだけなので、バスタオルは使用後も清潔だと思っていた人はショックですよね。

それでもバスタオルを毎日洗わなくても良い理由とは

雑菌が気になる人は精神衛生上、毎日洗った方が良いでしょう。しかし、2~3日に一回でも問題ありません。その理由は下記です。

理由:繁殖している雑菌はもともと自分の体にいた菌で、基本的に悪影響がないから

バスタオルで繁殖している菌はもともと自分の体にいた菌、人間が誰しもが持っている常駐菌なのです。そのため、菌が多少繁殖したバスタオルを使用しても、人体に悪影響があるわけではありません。清潔であるとは言えないかも知れませんが、2~3日使用したバスタオルくらいでは無害です。

また、1日着たパジャマにも、1日使用したバスタオルと同じくらいの雑菌がいます。パジャマを数日着ている人はけっこう多いのではないでしょうか。数日同じパジャマを着たくらいで体に害が出ませんよね。人間は色んな菌と暮らしていますので、必要以上に神経質になる必要はないと思います。

3日を超えてくると、流石に臭いも気になってくるケースが多いと思いますので、洗濯することをおすすめします。

バスタオルを乾かすには、バスタオルハンガーがおすすめ

バスタオルを毎日洗うのは面倒臭いから2~3日で良いという方は、バスタオルを乾かすためにタオルハンガーを使用することをおすすめします。タオル同士が密着せず、簡単に干すことができます。

最後に

バスタオルを毎日洗うことは、大変手間がかかることだとハンザワは思っています。雑菌がそれほど気にならない人は、バスタオルを2~3日に一度洗濯することにしても問題ありません。家事の時短を図りましょう。

それでは!