ハンザワブログ

元銀行員の資産運用や節約術等との付き合い方

会社の意向による異動では専門性・キャリアが作れず将来困る?

f:id:hanzaw:20170819230514j:plain

こんにちは!ハンザワです。
本日は働き方に関する、専門性・キャリア形成についてです。NIKKEI STYLEに興味深い記事が載っていたので、紹介させて頂きます。

NIKKEI STYLEの記事の概要

長い記事なので、一部抜粋します。

会社の意向による異動ではキャリアの背骨が作れない。特に35歳の一線を超えると、中途採用市場では、一気に専門性のレベル、マネジメントの質に対する要望が高まります。35歳までに「自分の本職」を決定して、できれば平均以上のスペシャリティーを保有しておくことは、満足度の高い仕事生活を送るための必須条件といえるかもしれません。

【引用元】

35歳までに「自分の本職」を決めるべき3つの理由|出世ナビ|NIKKEI STYLE

会社の意向による異動では専門性が身につかない

記事の中では「人事異動の命令には逆らえないから、色々な部署を転々として専門性が身についていない」と悩んでいる人が紹介されています。このように自分の専門が何かわからなくなっている方、多いのではないでしょうか?(特に文系の総合職採用に多いのではないでしょうか)

「それではどうすれば良いの?」ということが記事には書いてないですが、まずは会社にハッキリと自分の希望するキャリアを伝えて、行きたい部署を明確にするべきでしょう。まだ自分のやりたいことが決まっていない人は、早急にキャリアを考えるべきです。

現在の会社に定年まで勤めるつもりの人もいるでしょう

「転職など考えていない。現在の会社に定年まで勤める。だから、人事異動に逆らって、人事部や上司の自分に対する評価を落としたくない」という人もいると思います。

確かに人事部や上司から「会社都合の人事異動を何でも受け入れてくれる良い人材だ」と評価されるかも知れません。この選択肢もありでしょう。ただし、現在の会社がいつまでも安泰で終身雇用を続けるとは限りませんので、個人的にはオススメはしませんが。

本当に35歳を超えると、転職するには専門性が求められるのか?

記事には35歳を超えると中途採用市場で専門性が求められると書いてあります。35歳が区切りかはわかりませんが、年齢を重ねるほど転職に専門性が求められるのは間違いないと思います。年齢を重ねると転職が難しくなるという一因でもあるでしょう。

リクルートエージェントビズリーチ等の転職サイトの求人情報を見ても、募集年齢が高い求人には高度なスキルが求められているものが多いです。若いうちならばポテンシャルで採用してくれる会社はたくさんあります。現在の会社に未来が見えない、キャリアが築けそうにないという人は早めの転職をおすすめします。

「就社」ではなく「就職」の方がつぶしがきく

記事には日本企業の多くが終身雇用の名残として「就職型=ジョブ型雇用」ではなく「就社型=カンパニー型雇用」のスタイルを保持していると書いてあります。これは正しくその通りで、日本企業の良くない部分だと思います。

就職活動の面接でも「ハッキリとしたキャリアビジョンがあるので、この仕事がやりたいです!他の仕事はちょっと…」と言うより「ゆくゆくはこの仕事がやりたいですけど、新人なので何でもやります!」と言う方が面接官の印象は良いでしょう。新人のうちから自分のやりたい仕事ができる会社は稀だと思います。

しかし、終身雇用も今後どうなるかわかりません。中途採用市場で「つぶしのきく人材」になるためにも自分の専門性を磨いていく方が良いのは、言うまでもありません。

最後に

いわゆる「何でも屋」では現在の会社では重宝されるかも知れませんが、転職市場では武器にならないことが多いです。自分のアピールできる専門性を持つことは、転職に有利になるのはもちろんですが、現在の職場でも「自信を持って働く」ために大事なことではないでしょうか。

それでは!