ハンザワブログ

元銀行員の資産運用や節約術等との付き合い方

インド出張体験談。旅行や出張に役に立つ情報・ポイント

f:id:hanzaw:20171104000122j:plain

こんにちは!ハンザワです。
ハンザワは仕事で海外によく行きます。今回は海外出張体験談の第一段として、インド出張体験談を書きます。インドに少しでも興味がある人は、ぜひご覧下さい。インドへ旅行に行こうと考えている人・インドへ出張の予定がある人にとって、少し役立つ情報が書いてあります。

(今回の記事は、インド出張のありのままをネタ要素多めで書いています。ネタ要素を含まないと、インド出張を語れません(笑)。長い記事になっていますので、暇な時にご覧下さい。また、目次を設定していますので、役に立つ情報のみが欲しいという人は「インドの旅行・出張のポイント」から飛んでください)

この決算で忙しい時に出張とは

中間決算でバタバタしている中、今回のインド出張は決まった。正直「マジで?」という気持ちだった。しかし、決まったものは仕方ない。インドが俺を必要としている。インドが俺を呼んでいる。中間決算をいつもの1.5倍くらいの速さでまとめあげ、インド出張の準備に取りかかった。

まず、服装に悩む

出張前は入念に準備することが大事。まずは服装を考える。日本は既に寒いがニューデリーはどうだろつか?Googleで調べると30℃!さすがはインドといったところ。さて、どうしようか。

  1. 日本に合わせて厚着で行く
  2. インドに合わせて薄着で行く
  3. 飛行機内で生着替え

まあ、普通に気温の変化に対応できるよう重ね着して行くんだけどね。

インドの旅行・出張のポイント①

日本が寒い時期でもインドは暑いことが多い!行く前には必ず現地の気温をチェックして服装を決めよう。なお、室内はクーラーが強く効いている場合が多いため、長袖の羽織れる服を持っていくことをおすすめする。

飛行機はJAL、まずはサクララウンジでJALカレー

f:id:hanzaw:20171103235142j:plain

ハンザワはJALカード を保有していて、JGC(JALグローバルクラブ)の会員になっている。(JGCとはJALを頻繁に利用する選ばれた者だけが入会できるクラブである!優先搭乗やサクララウンジの利用等、様々な特典が受けられます)

JGC会員しか入ることの許されないラウンジ、それがサクララウンジ。ゴールドカードホルダーでは入ることのできない聖域だ。そのサクララウンジでJALカレーを腹一杯食べた後、飛行機に乗り込む。

ちなみにこのJALカレー「美味しい」と大評判である。ほどよくスパイスの効いた辛さで、とてもご飯が進む。お肉もとても柔らかくトロける。通販でも購入することができず、サクララウンジでしか食べることができないスーパーレアカレー。庶民の皆様もJALカードを作成して、JALカレーを目指そう。インドに行けば、年会費以上のマイルが貯まり、一回で元がとれます。

JAL便はやはり快適

飛行機は平日便なのに満席だった。改めて感じたが、JALは快適だ。ビールを飲みながら、映画を3本。モテキ→東京喰種(トーキョーグール )→打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?の大根仁サンドイッチで見た。必要ないだろうがそれぞれの感想を。

  • モテキ

こんなに童貞を連呼する映画は他にないだろう。マンガと違うな~と思いながら観てたけど、映画版はマンガの1年後の話だったのね。長澤まさみがLOVE ME T〇N〇AのTシャツを着た時は不覚にもニヤニヤしてしまった。完全に不審人物です。

予想以上に笑えて面白かった!まだ見ていない人は一見の価値あり。帰国後にドラマ版もAmazonプライムビデオ30日無料お試しで見返しちゃいました。

 

  • 東京喰種(トーキョーグール )

食物連鎖の頂点に立ったオッドアイの男が葛藤する話。この雑な説明と同じくらい映画では東京喰種の良さが伝わってこない。ただグロいだけの映画になってしまっているような。東京喰種はマンガで読むことを強くおすすめする。

  • 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

田舎+夏+アニメはズルい。君の名はもそうだが、ノスタルジーを感じる。内容は正直何が何だかよくわからなかった。アルコールを飲み過ぎたせいかな?

ちなみに隣のインド人は終始ソリティアをやっていました。

インドの旅行・出張のポイント②

インドの入国書類は日本では手に入りません。そのため機内で入手して記入する必要があります。記入は全て英語です。宿泊するホテルも記入する必要があるため、事前にスペルを調べておきましょう。

インドに到着!まずは両替

10時間超のフライトを経て、ガンジー空港に到着。機内アナウンスが告げる外の気温は29℃。やはり暑い。入国審査を華麗に通過した後、荷物をピックアップし、1万円札をインドルピーに両替。

インドの旅行・出張のポイント③

インドの通貨であるルピーはインド国内から持ち出すことができる金額は1万ルピーまでと制限されています。そのため、日本ではインドルピーは手に入りません。インドに到着したら忘れずに両替しよう。

インドの大気汚染は深刻

f:id:hanzaw:20171103235026j:plain

空港から一歩出ると、空気が白い。辺り一面が霧がかっているみたいに白い。流石は大気汚染世界一位の都市ニューデリー。PM10やらPM2.5やらが充満しており、大気汚染は深刻だ。今回は特に出張の時期も悪かった。ディワリ休暇前後はヤバイ。

インドの旅行・出張のポイント④

大気汚染が気になるが、インドに旅行したいという人は雨季(6月~9月頃)をおすすめする。大気の汚れが雨に流されて、多少はマシになっている。

逆に行ってはいけないのがディワリ(毎年10月末から11月初め頃)の前後。一年で一番空気が汚れている。乾期に加えて、そこら中で花火や爆竹が使用されるため、空気が異様に汚れる。もう測定不能レベルくらいまで。

空港からホテルまで車で移動

空港を出たら運転手が迎えに来ており、グルガオンのホテルまで移動。偉いさんになった気分である。ちなみにインドの交通マナーはすこぶる悪い。信号はほとんどないが、あっても無視。白線が引いてあっても平気ではみ出て、並べるだけ横に並ぶ。そして、そこら中で鳴り響くクラクション。日本で一年の間に聞くクラクションの数を、インドでは1日で聞けます。クラクションフェチにはたまりません。

また、車窓からは次のようなものが見れます。

  • 不用意に車の前に飛び出してくる人。
  • 停車していると窓を叩いてくる物売り。
  • なぜか免税店より安い価格で販売しているタバコ屋。
  • 野良犬、野良牛、野良豚のお得な3セット(なぜか野良猫はいない)

どれも中々見れるものではありません。

インドのホテル

f:id:hanzaw:20171103235444j:plain

インドのホテルを選ぶ場合は、少なくとも3つ星以上を強くおすすめする。それより下のランクのホテルに泊まる人はチャレンジャーだ。そして、3つ星以上であっても、それほど期待をしてはいけない。

エレベーターや空調が壊れているのは日常茶飯事である。また、室内の床がホコリっぽいことが多々あるので、スリッパを持参するべき。

ハンザワの会社ではトリバゴ を使用して、自分で最安値を調べてホテルを予約するルールがある。簡単に最安値が調べられる便利な時代になったものである。今ではプライベートでも調べる癖が身に付いた。

 

インドの旅行・出張のポイント⑤

インド初心者が悩むのがチップ。ネットでも必要だの必要じゃないだの様々な情報が飛び交っています。インドに何回も行っているハンザワから言わせてもらうと、チップは不要です。

ホテルのベッドメイキングへのチップ、いわゆる枕銭も置く必要はありません。そんなもの置かなくても、ちゃんとベッドメイクしてもらえます。どうしてもチップを払いたいなら別ですが、義務感からチップを支払う必要はありません。

インド人の英語は難しい

インド人相手に行う仕事は、ほとんど英語を使用しています。ハンザワ自身、英語が得意ではないこともあるのですが、特にインド人の喋る英語は聞き取るのが難しい。「聞き取れないのが悪い」のようなリアクションをされる時もあり、長時間の打ち合わせや会議は疲れてしまいます。

インドの旅行・出張のポイント⑥

インド人はプライドが高く、自分の間違いを認めない人が多いです。また、日本人から見ると「厚かましい」と感じる行動をとる人が多く、列の横入り何て当たり前です。

しかし、決して腹を立てては行けません。郷に入れば郷に従え。インド人に悪気は全くないので広い心で受け入れましょう。怒るだけ損です。

日本料理屋が多いグルガオン

f:id:hanzaw:20171103235459j:plain

夜の食事は日本料理の居酒屋で食べました。昔は日本料理の店なんて無かったので、インドの発展を感じる。まあ、日本料理店があるのはデリー近郊だけだと思いますが。

インドの旅行・出張のポイント⑦

インドの食事で肉を食べたい時は、できるだけ「鶏肉」を食べるようにしましょう。牛はヒンドゥー教で神聖な生き物のため、食べないインド人が多い。また、豚も下等な生物・不浄な動物と考えて、食べないインド人が多い。

そのため、牛肉や豚肉を料理として提供している店はあっても、調理をしているインド人が味見をしていないケースが多いので、味の保証はできません。

 

インドの旅行・出張のポイント⑧

インドは州によって環境が全然違います。今回はあくまでインドのデリー近郊の体験談です。州が違えば気候も文化も別の国のように違います。注意して下調べしましょう。

インドのGSTについて

以前記事にしましたが、インドは2017年7月1日からGSTを導入しています。GSTの導入は大きな混乱を生んで、インドの相場は荒れるのではないかと予想していたのですが、見事に外しました。株価も通貨も堅調に推移しています。やっぱり相場の予想は難しい。

最後に

インドは毎回行く度に色々な変化がある国です。急速に発展している証拠でしょう。その影響もあり、大気汚染が深刻なのかも知れませんが。インドのホテルに空気清浄機を売り込んだら売れるんじゃないかな?商売をやられる人がいたら、ぜひ一枚噛ませて下さい(笑)

それでは!